2017年4月16日(日)

AM10:00~12:00

愛知県産業労働センターウィンクあいち11階 1109号室

参加費:無料
会場住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38
電話番号:052-571-6131
説明会参加ご希望の方は、お気軽にご来場ください。

経営的に限界にまで増加した開業歯科医院を、ネットによる情報化社会の波が容赦なく襲いかかる歯科医療界。医院間格差はますます広がってゆくことでしょう。ところであらゆる分野において事業形態の変化は、市民の意識、行動様式の変化に沿う形ですすんでゆきます。かつて産業革命、石炭から石油へのエネルギー変化、電気の普及、電話の普及、TVの普及、車の普及、エアコンの普及などによる生活環境の変化に伴う市民の行動の変化によって、多くの産業がその形態を変化させてきました。

ネット社会による
高度情報化社会の出現

今回のネット社会による高度情報化社会の出現は、バブル時代以前にくらべて、市民レベルでの消費行動に一大変化を起こしました。ネットによる情報化社会の本質は、情報の暴露性の高まりです。その結果、すべての分野において業界が「秘密裏にこっそり甘い汁を吸うと」いったことが許されなくなった時代に突入したといえます。すなわち、専門職に対する市民の画一的な信頼は崩壊してしまい、市民の情報収集の結果評価された、いわゆる「選ばれた専門機関」にのみ支持が集まるという傾向が、すべての産業において明らかになってきています。

市民の意識
行動様式の変化

このことは、見方としては、市民の自己防衛においては当然の流れであり、ネット社会の実現によって、市民はより優れた自己防衛のための手段を手に入れたということでしょう。そしてその市民意識が各産業界の形態を従来のものから根こそぎ変えてしまおうとする流れが起こっているのが現状だと思います。歯科医院の医院間格差の出現もそういった市民の意識、行動様式の変化が起こした結果であることは明白です。ここで考えてほしいことがあります。厳しい現状において我々歯科医師は、歯科医師の生活権の確保にのみ目を奪われがちですが、歯科医師の生活権が脅かされる現状が結果として国民歯科医療の満足な達成を妨げてしまっているという現実が起こっているということです。つまり、過当競争と情報化社会の選択にさらされ、明日の生活が不安な状況では、歯科医師はどうしても本来の「患者さんのために歯を治療する」という姿勢が失われがちになり、「収益性の高い治療を勧める」といった診療姿勢に入らざるを得なくなってしまっているということです。このことは歯科医師から診療人生の充実感を奪うだけでなく患者さんの口腔の健康をも奪ってしまい、不毛な歯科医師不信を生み、さらに医院間格差が広がってゆくことにつながって行きます。さらにすすみますとあまりに偏った患者の集中の結果、国民歯科医療を担うべき中間層の歯科医師層が減少してしまい、結果として富める者しか良い治療を受けることができなくなり国民歯科医療全体の質を大きく下げてしまうことにつながって行きます。

歯科グループで
良質な歯科環境の構築を

まず過当競争をしなくてもいいような環境を作ることと、能力に差のある歯科医師が全員同じ第一線臨床家の土俵で競うのではなく、各歯科医の、自分の能力に合った形で国民歯科医療に貢献できるような環境を作り出すことだと思っています。 そういった、歯科環境を作り出すために、患者さんから信頼性をもって選ばれるような歯科グループを創り上げ、ネット、マスコミの広告を使って玉石混交の中から良質な歯科医院を選択的に成長させ、そこに多くの患者さんは勿論の事、歯科医院従事者が集まるような国民歯科医療環境をつくっていこう、というのがこの活動の骨子になります。

Twinkle Dental グループでは
患者さん想いの心優しい歯科医師を募集しています。

「たくさんあるけど、どの歯医者に行っていいのかわからない、どこか信頼できる歯科医院を教えてほしい」という願いが、多くの市民の痛切な思いとして認識されている今日、「Twinkle Dental グループの歯科医院である」というのは、患者さんが選ぶ一つの判断基準になり得ます。
グループのCMをTV局等から毎日流して差別化、ブランド化を強化し、グループのHPもネット広告・SNS広告を行い市民への浸透を図っていきます。

グループのTVCMを制作し、TV局から毎日CMを流します。グループのHPを制作し、ネット上でリスインテイング広告、Facebook、Twitterなどを使って認知を広めることによって、グループ歯科医院を差別化して患者さんを集めます。(モデル歯科医院は、月400万円を超える広告費をかけて月の新患が85名~100名を得ています。またネット広告の性質上、多額の金額を投じないと検索にもかからず集客効果がまったく望めません。これが、個人歯科医院が広告戦略をできない理由です。グループに入ることで月会費でモデル歯科医院400万円超の広告と同等の効果を受けていただけます。)

宣伝効果【モデル歯科医院の年商推移】
<平成> 20年 21年 22年 23年 24年 25年 26年 27年
4.3千万円 4.9千万円 5.8千万円 1億4千万円 2億8千万円 2億9千万円 3億 3億8千万円

グループの歯科医院運営コンサルテイングチームがございますので、経営でお悩みの先生方には、コンサルテイングサービスを受けていただくことができます。(本サービスは希望歯科医院のみのオプションのため、月会費以外に別途料金が必要となります。)

グループコンサルティングチーム実績【レスプト枚数の推移】
<平成> 22年4月 23年4月 24年4月 25年4月 26年4月
I歯科医院 300枚 400枚 500枚
Y歯科医院 550枚 780枚
I歯科医院 200枚 350枚 380枚
R歯科医院 250枚 300枚 350枚 500枚 550枚

モデル歯科医院の成功は広告宣伝だけでなく、他院と差別化できる治療技術、診療形態、も成功を支える大きな柱となっています。義歯作成、根管治療、顎関節症、歯周病予防、インプラントなど多岐にわたるモデル歯科医院の治療技術、診療システムを知ることができます。

モデル歯科医院実績【レスプト枚数の推移】
<平成> 21年6月 22年6月 23年6月 24年6月 25年6月 26年6月 27年6月
148枚 240枚 357枚 632枚 615枚 679枚 655枚

以上のようなことが入会によるメリットです。超過当競争の世界では、まじめで、控えめな歯科医院よりも、アピールにたけた経済戦略に強い歯科医院が発展してゆく傾向にあります。グループがバックアップしたいのは、熱心で思いやりのある、やさしい歯科医師達の歯科医院です。
そういう歯科医院が多くの市民たちの支持を得て、経済的にも安定する環境を作り出すことがよりよい国民歯科医療の達成に直結するでしょうし、またそれを達成することは我が国の国民生活の安定のためにも急務であると考えています。

Twinkle Dental グループへのご質問や説明会参加ご希望の方は、下記フォームより受け付けております。

職種* 歯科医師歯科衛生士
お名前*
フリガナ*
メールアドレス*
確認用メールアドレス*
ご質問など

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください